データ放送でチームの順位情報がわかる「選手の位置情報の視える化技術」をニューイヤー駅伝に導入
30DEC

データ放送でチームの順位情報がわかる「選手の位置情報の視える化技術」をニューイヤー駅伝に導入

編集部 2019/12/30 12:14

2020年1月1日(水)にTBS系で生中継される『ヤマザキ新春スポーツスペシャル ニューイヤー駅伝2020第64回全日本実業団駅伝』において、NTT西日本グループとNTTブロードバンドプラットフォーム社が開発した「選手の位置情報の視える化技術」が導入される。

本システムは、GPS機能を搭載したチップを選手のナンバーカードに装着することで、選手の位置情報をリアルタイムに受信し、データ放送では約1分ごとの更新で順位情報を表示。これにより、走行している全37チームの順位と、前を走るチームとの距離差も表示でき、中継映像で紹介しきれないチームの走行情報などもデータ放送にて把握できる。

PAGE TOP