フジ・メディア・ホールディングス、仙台放送を子会社化
06DEC

フジ・メディア・ホールディングス、仙台放送を子会社化

編集部 2016/12/6 19:00

2016年11月30日、フジ・メディア・ホールディングス(FMH)は、仙台放送を子会社化する決議を行ったと発表した。

FMHは、フジテレビグループの認定放送持株会社。これまでも仙台放送の筆頭株主はFMHであったが、FMHの関連会社2社(産経新聞社、フジランド)も仙台放送の株式を保有しており、今回、FMHが株式を集約、仙台放送を連結子会社とすることになる。出資比率はこれまでの33.3%から72.3%となる。株式譲渡日は12月20日。譲渡額は非公表。仙台放送の2016年3月期の売上高は87億円、当期純利益は3億円だった。今後は仙台放送の経営基盤の安定・強化を行い、連結事業における収益の拡大を目指すとのこと。

(参考)認定放送持株会社とは……
総務大臣からの認定によって基幹放送事業の持株会社によるグループ経営を可能とする精度。この制度を活用すれば、複数の基幹放送事業者を傘下に置くことが可能となる。現在、この認定放送持株会社として認められているのは、キー局の5社(フジテレビジョン、東京放送、テレビ東京、日本テレビ放送網、テレビ朝日)のほか、MBS(毎日放送)、CBC(中部日本放送)、RKB(RKB毎日放送)の8社。また、傘下に入れられる地上波放送局は12局(関東広域は7局、関西広域は6局、中部広域は3局扱い)までと限られている。

株式会社仙台放送の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ

PAGE TOP