「リアルな感じだった!」日テレ『THE MUSIC DAY』ARアプリで新たな視聴体験
12JUL

「リアルな感じだった!」日テレ『THE MUSIC DAY』ARアプリで新たな視聴体験

編集部 2018/7/12 17:20

日本テレビで7月7日に、11時間にわたって生放送された音楽番組『THE MUSIC DAY』にて、ARアプリを使った試みが行われた。編集部でも、この放送に合わせ、スマートフォンを片手にテレビ画面の前で待機。対象アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅ、ジャニーズWEST、乃木坂46の登場に合わせ、本企画を実際に体験。その模様をお届けする。

■参加は、ARアプリをダウンロードするのみ!

本企画は、番組内で対象アーティストが登場している間にスマートフォンで専用アプリを起動すると、テレビの中で演奏しているアーティストが自分の部屋の中にいるかのような視聴体験ができるというものだ。ARとは「Augmented Reality」の略で、実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示されるというものだ。

THE MUSIC DAY AR企画ページ

今回は、出演アーティストが登場している際に、連動する企画になっていたが、放送前からアプリケーションは利用可能。対象アーティスト以外にも、嵐の二宮和也ときゃりーぱみゅぱみゅに扮したくっきー(野性爆弾)や荻野目洋子、船越英一郎に扮した福島善成(ガリットチュウ)の体験版を楽しむことができ、試しながら本放送開始を待った。

画面上に登場する人物は、拡大や縮小、位置変更も自在に設定ができるため、床やテーブル上にくっきーや福島を表示されることも容易にできた。

■遂に我が家にあのアーティストが登場!

放送が始まり、番組では本企画の紹介が何度か行われていたため、放送当日にこの企画を知ってアプリをダウンロードして参加することも十分可能。しかし、11時間の放送の中で、対象アーティストの登場はいつか? と思っていたが、公式HP上で何時頃登場という情報が更新されており、その時間がくるまで、番組を楽しみながら待った。

そして5時間半が過ぎようとする頃、司会者や出演者がスマホを手にし、対象アーティストの1組目ジャニーズWESTが登場。AR機能を用いた視聴体験ができるそのときが訪れた。

編集部撮影

テレビ画面右上には“ARアプリであなたの家にジャニーズWESTが登場!”と表示され、登場までのカウントダウンがなされた。同時にスマホを見ると、画面上部に【オンエア連動中】、下部に【曲の間奏と後奏で登場!】と表示され、今か今かとそのときを待ちわびながらも1番をテレビで視聴。

そして間奏に入り、スマホの画面を覗いてみると、ジャニーズWESTのメンバーがバーチャルで自分の部屋にいるかのように、サッカーや卓球、バク転などを次々と披露。それから2番が始まると、元画面に切り替わり、放送と交互に楽しむことができた。

続けて、放送開始から9時間が経過した頃に、2組目の対象アーティスト、きゃりーぱみゅぱみゅ、それから1時間と経たないうちに3組目の乃木坂46のAR視聴体験も行うことができた。それぞれ趣向が異なる映像が用意されていたのも印象的だった。

この企画は、SNS上でも注目を集め、手の上やテーブルの上など、それぞれ思い思いのシチュエーションでAR視聴体験を行った画像の投稿が目立ち、「ARすげぇ!」「すごく楽しい企画でした」「意外とリアルな感じだった!」という声も多数あがっていた。

日々、進化するテレビの見方、楽しみ方。次はどんな手法が用いられるのか、期待が高まる。

PAGE TOP