CCIとSpotX、国内放送局へSpotXの動画広告配信プラットフォームを提供開始
10AUG

CCIとSpotX、国内放送局へSpotXの動画広告配信プラットフォームを提供開始

編集部 2018/8/10 13:30

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、以下 CCI)とSpotX Inc.(本社:アメリカ合衆国 コロラド州 デンバー、以下 SpotX)は10日、国内放送局へSpotXの動画広告配信プラットフォームの提供開始を発表した。

SpotXの動画広告配信プラットフォームは、放送局や動画配信事業社の広告収益最大化を図ることを目的に、従来の動画広告の高度な配信コントロール、分析レポートに加え、高度なプログラマティック技術や最新のライブ配信技術も搭載している。

SpotXは、以下の放送局に採用され、各種サービスを展開する予定。今後、CCIとSpotXは協力し、媒体社に対してSpotXの動画配信プラットフォームを活用した様々な商品開発やサポートサービスを展開。健全な動画広告市場の拡大を推進していく方針だ。

<採用予定の放送局>
TBSテレビ、フジテレビジョン、毎日放送、関西テレビ放送、讀賣テレビ放送、東海テレビ放送、名古屋テレビ放送、テレビ愛知、福岡放送、北海道放送、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送、静岡朝日テレビ、中国放送、テレビ新広島(敬称略、順不同)

リリース

PAGE TOP